古風な美しさが捨てがたい中古着物の生地

着物を洋服にしておしゃれに着こなそう

着ることがなくなってしまった着物、タンスの中に眠っていませんか。代々受け継がれてきたものだったり、思い出が残っていたりすると、捨てがたいものですよね。着物の形のままではなく、リメイクすることで繊細で美しい着物地を生かしてみるといいですよ。
着物地リメイクのなかでも、着物本来の美しさを生かせる方法として人気があるのが、洋服にリメイクする方法です。中古着物のリメイクが注目されるようになり、手芸の本にも着物リメイクを紹介する本が増えてきました。手縫いで直線縫いのみで作れる方法、型紙なしで作れる方法など、初めてでも気軽に作りやすい方法が沢山紹介されていますよ。
ワンピースやスカートなど普段遣いしやすい洋服にリメイクして、着物地をおしゃれに着こなしましょう。

実用性のある小物作りもおすすめ

中古着物は、保管状態によっては黄ばみが生じていたり、汚れや虫食いがあったりもしますよね。着物地全体をリメイクするのが難しそうな場合には、生地を沢山使う洋服よりも、小物にリメイクするのがおすすめです。着物地の綺麗な部分だけを選んで使うようにして下さいね。
バッグやポーチ、ペンケースなど普段の生活のなかで活躍する小物を着物地で作ってみましょう。手芸の本やホームページに掲載されている作り方が参考になります。京都や奈良などのお土産物屋さんで売っているような風情のある小物が完成しますよ。
複数枚の着物地を組み合わせて、パッチワークにするのも素敵です。花や蝶などの愛らしい柄が映える部分を目立つ部分に使うと、よりおしゃれに仕上がりますよ。

© Copyright Making Kimono. All Rights Reserved.